RUN伴2019に参加しました!

2019年10月20日 日曜日

RUN伴2019に医療法人西井会が参加しました。

今年は、当法人の介護老人保健施設光陽よりスタートとなりました。

地域の住民の方がご参加くださり、西井会のゴールである大和高田グループホームまほろば様まで走りました。

皆様、お揃いの西井会Tシャツを着て頂き、北海道より繋がれてきた想いの籠ったタスキを私たちと一緒に次の走者へ託しました。

大和高田南ルートのゴールは市民交流センターでしたので、最後は大和高田グループホームまほろばの皆様と一緒にゴールさせていただきました。

 

今年のRUN伴では、大和高田市の実行委員長として当法人の職員が参加させていただきました。

イベントの総合司会と大和高田市長へのタスキの受け渡しという大役を仰せつかりましたが、皆様のご協力もあり無事にイベントを終了することができました。

IMG_20191020_113050

最後は、堀内大和高田市長と一緒に記念撮影をし、イベントが終了しました。

一緒に走ってくださった職員の皆様、地域の住民の皆様、大和高田グループホームまほろばの職員様、実行委員の皆様、そして、RUN伴関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

RUN伴(ランとも)は、今まで認知症の人と接点がなかった地域住民と、
認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベントです。

認知症の人と出会うきっかけがなかったがために、認知症の人へのマイナスイメージを持ってしまいがちな地域の人々も、
喜びや達成感を共有することを通じて、認知症の人も地域で伴に暮らす大切な隣人であることを実感できます。

RUN伴(ランとも)は、そんなあらゆる人々の出会いの場をデザインし、顔の見えるつながりを各地で生んでいます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)